ベガルタ仙台: 2015年3月アーカイブ


こんにちは。

 

Jリーグが始まったよ、と思っていたら、あっという間に第三節になりました。笑

 

ここまでベガルタの戦績はナビスコも含めて、二勝一分。

いやあ、素晴らしいですねえ。

引き分けた試合も内容的には申し分なかったと思うので、今季はほんとうに期待が持てます。

見てるだけでわくわくするベガルタって、なんか久しぶりですね。笑

 

 

さて、昨日の湘南戦ですが、結果は00の引き分けでした。

 

2から上がって来たばかりの湘南ですが、なにしろ運動量が多い、多い。

攻守の切り替えが早い今年のベガルタですが、それに比べてもさらに運動量が多いというのがいちばんの印象です。

お互いにカウンターサッカーという特徴を持っていることもあって、試合前から我慢比べになるのではないかと思っていましたが、果たしてそうでしたね。

 

 

前半ベガルタは2トップのウィルソン、金園ともに決定的な場面を一回ずつ作りましたね。

共に攻撃の起点になったのは野沢。

彼のピンポイントのパスからFWにボールが渡ると、一瞬で相手を出し抜くことが出来るんですよねーー。

解説の水沼氏も「彼は空間をうまく使う」と絶賛!!!

ベガルタにとって大きなストロング・ポイントですね。

 

ちなみに守備に関しては、相変らず堅いな、というのが率直な感想です。

見ていて失点しそうな気がしないんですよね。

ちなみに昨日の試合はGKが関から六反にかわりました。

今後も六反で行くんですかね。どうなんでしょうか。

 

 

さて、後半。

 

金園による、大きな大きなチャンスがありました。

ゴール左から入ったパスを受けて、金園がゴール前でボレーシュート!!!

素晴らしいシュートだったのですが、なんと相手GKに防がれました。

あれはGKを褒めるべきでしょうね。

金園の動きは秀逸でした。

 

 

湘南に攻め込まれる時間もありましたが、ベガルタはDFが体を張って守りました。

今年はCBが安定しているので、守備力がずいぶんと上がったように感じます。

 

 

試合開始ほどなくして菅井が負傷してしまったこともあり、ベストメンバーで戦うというわけにはいきませんでしたが、アウェイなので勝ち点1は十分合格だと思います。

茂木も試合に出るたびに良くなっているし、なによりも奥埜がいいんですよねーーー

ふたりの成長ぶりも今後楽しみですね。

 

 

↓写真つきのブログもよろしくお願いします♪

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 


おはようございます。

 

土曜日のみちのくダービーはすごかったですねえーーー。

なんと、20でベガルタが完勝しました。

 

開幕戦というだけでなく、四年ぶりのダービーに勝ったと言うことは、今後を戦う上でも大きな自信になりますし、なによりも久しぶりに見たベガルタの仕上がり具合を確認できたのが嬉しかったです。

去年とは大きな違いですね。笑

 

 

とはいえ、ダービーなだけあって、簡単に勝った試合と言うわけではありませんでした。

ダービーにはいつも、なにかしら起こるんですよねえ。

今回もいろいろありましたよ。

 

 

前半ベガルタは、試合に入るなり、ものすごい運動量を見せました。

FWにハモン・ロペスと奥埜が入ったのですが、特に奥埜の動きはすごかったですね。

前線からDFを追い込む、追い込む。

攻撃陣の奮闘もあって、前半はほとんど仙台陣内にはボールが行きませんでした。

ベガルタの堅実な守備が戻ってきたという実感がありましたね。

 

 

攻撃の面でもチームの連動が見られました。

SHの野沢やSBの菅井が絡んでの攻撃は特に見応えがありましたね。

得点には至りませんでしたが、何本かハモンに良いパスが入りましたし、野沢にも惜しい場面がありました。

 

 

00というスコアで折り返した後半、試合がついに動きました。

まず起こったのは、なんと野沢の退場でした。汗

前半一枚目のイエローをもらっていたのですが、後半になって二枚目が出てしまい、なんとレッドで退場。

これは痛いなーと思ったのですが、選手たちは意外に落ち着いていました。

試合後、選手のコメントを読んだところ、選手たちは自ら「ブロックを作ろう!」と守備を固める方法をとったようです。

その甲斐あって、山形に攻め込まれる時間が長かったにもかかわらず、失点しませんでした。

山形の選手たちが打ったシュートもほとんどはGKの正面のものばかり。

いやあ、最悪の状況でうまく試合をコントロールしていました。

 

 

とは言え、得点しなければ試合に勝つことはできません。

 

そんな場面で登場したのは、我らがエース。

70分でウィルソンが途中交替から出場しました。

 

負傷あけということでベストコンディションとは言えないウィルソンでしたが、いやあ、ピッチではさすがの存在感を見せつけてくれました。

登場するなり、なんと得点したのです。

 

後ろからの長いボールをもらった梁が、ゴール右からマイナスのパス。

ゴール前で待ち受けていたウィルソンがDFにつかれながらも、ボレーシュート。

これが見事にゴールネットを揺らしました。

 

 

ウィルソンの得点に湧くスタジアム!!!

そしてゴール裏でサブの選手たちと抱き合い喜ぶウィルソン!!!

いやあ、素晴らしかった。

 

 

そのあと、後半ロスタイムにもサプライズがありました。

山形のセットプレーにGK山岸が加わったのですが、セカンドボールを奪った菅井がゴールに向かってもうダッシュ。

あの時間帯にあの長い、長い距離を走った菅井にも脱帽ですが、そこに同じく走っていたウィルソンもさすがですね。

ゴールに戻ってはいた山岸ですが、一対一でウィルソンには簡単に抜かれてしまいます。

これがダメ押しの二点目となり、ベガルタの勝利は確実になりました。

 

 

それにしても、ベガルタが勝つと、ほんとうに気分が良いですね。

この調子でスタートダッシュをして欲しいですね。

 

 

↓写真つきのブログもよろしくお願いします♪

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 


こんにちは。

 

いよいよ今週末、Jリーグが開幕しますね。

ベガルタもようやくキャンプを打ち上げ、仙台に帰ってきたようですよ。

一月以上の長い、ながぁあああああいキャンプで、選手たちは一皮も二皮もむけてきたんでしょうか。

 

 

ところでキャンプ終盤には広島との練習試合があったようですよ。

何本かやって、全体的なスコアは63で負けたようですが、内容はずいぶん充実していたようです。

 

特筆すべきは守備!!!

アンバサダーいわく、「声を合図にチームが連動している」ので、前からボールを奪えているということですよ。

去年はJ1に上がって以来、最多失点を記録してしまったようなので、今年は是非とも失点を少なくしていきたいですね。

 

 

さて、攻撃ですが、こちらのほうもなかなか仕上がっているようですよ。

これまでの練習試合で得点している奥埜や茂木もそうですが、昨シーズン終盤からめきめき調子を上げてきたハモン・ロペスが存在感を出している様子。

ブラジル人らしい技術の高さを全面に出して、シーズンに入っても是非得点して欲しいですね。

 

 

いやあ、最近ニュースや特集でベガルタを見ていると、見れば見るほど強いチームのように見えるんですよね。

今年はやるんじゃないかという期待感でいっぱいです♪

 

 

土曜日が待ち遠しいなあーーー

 

 

↓写真つきのブログもよろしくお願いします♪

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

2018年11月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2015年3月以降に書かれたブログ記事のうちベガルタ仙台カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはベガルタ仙台: 2015年2月です。

次のアーカイブはベガルタ仙台: 2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。