2014年10月アーカイブ


昨日の柏戦は惜しくも負けてしまいました。

 

 

前半、武藤の素晴らしいシュートで先制したのは良かったのですが、

その後、セットプレーから失点。汗

 

 

後半になると、ベガルタのほうが流れは良かったんですけどね。

攻撃の良い形もいくつかあって、赤嶺があわやゴールという場面もありました。

残念ながらオフサイドになってしまったんですが。

 

 

しかし、最後の最後、アディショナルタイムに、

またもやセットプレーから失点してしまいました。

 

 

言っちゃなんですが、後半中盤くらいから武藤は足をつってたんですよねー

最後の交代カードは赤嶺を出して、中原を中に入れるというものだったんですけど、

あそこはやはり赤嶺と中原のほうが良かったのかなと思います。

 

まあ、監督には監督の思惑があるんでしょうし、交代した時点で残り三分だったので、

それも込みでの動きだったのだと思います。

 

 

でも、なあ。

うーむ。

 

 

ちなみに昨日はベガルタと柏の試合だけが早い時間開始で、

他は全部ナイトゲームでした。

降格争いをしているチームの結果いかんでは、ベガルタの順位がぐっと下がることも考えられていたのですが、幸い、今節終えて、順位は14位。

ギリギリ降格圏に入らず済みました。よかった、よかった。

 

 

この後もまだまだ厳しい戦いが続くわけですが、とにかく一試合一試合頑張るしかないですね。

負傷したウィルソンの分まで、頑張りましょう!

 

 

 

↓写真つきのブログもよろしくお願いします♪

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 


さて、昨日の続きです。


浦和戦後半。

後半に入ると、流れはやや浦和ペースになります。

ベガルタはじっくり守ってカウンターのチャンスを虎視眈々と待つ、という感じでしょうか。

 

 

ベガルタ側にはウィルソンの豪快なミドル?シュートなどがありました。

ウィルソンはゴールしたことでさらに調子が上がったような感じでしたね。

 

 

そして試合がついに動いたのは、

 

浦和の選手がベガルタ陣内でGKにバックパスをしました。

このボールを西川がコントロールしようとした瞬間、走り込んでいた赤嶺が突っ込んでいきました。

赤嶺の触れたボールはころころとゆっくりゴールネットに吸い込まれていきました。

 

なんと、ベガルタが思いもよらない形で三点目を決めました!!

 

 

 

そのあと、試合は一進一退のまま進みます。

 

70分台に一度、コーナーキックから大きなチャンスがありましたが、得点には至らず。

 

しかし、このあとベガルタの守備の時間が長かったですねえ。

でも全員での守備が集中していたこともあって、怖いと思う瞬間はあまりなかったように思います。

ほんと、守備がしっかりしている時のベガルタは強いですね。

 

 

さて、浦和に押し込まれる時間が長かった後半ですが、ついに浦和に引導を渡す時間がやって来ました。

アディショナルタイム直前、太田にかわって村上が入ります。

 

 

この村上がなんと、やってくれましたよ。

 

ゴール左志度からのクロスを真ん中ほどで受けた村上が、そのまま自分でゴールへ持ち込もうとしました。

一発目のトラップは少し長くて、つっこんできた浦和DFとぶつかり、よろけながらも、村上はゴールへ向かいます。

そしてシュート!!!

 

村上の蹴ったボールは西川の脇を通り抜け、見事ダメ押しの四点目となりました。

 

 

この瞬間、ユアスタは笑いと喜びに揺れましたね!!!

 

かくいうわたしも、村上の名前を叫びながら、笑いが止まりませんでしたよ。

 

ゴールを決めた村上はベンチの選手たちのところへ駆け寄り、彼を囲む選手たちがみんな、村上のパフォーマンスを讃えて、バンバン頭を叩いていました。笑

 

 

かつて若い頃にベガルタに在籍し、チームを離れてからも、片時も忘れずにいてくれた村上。

その彼が貴重な経験を数多く積んだのちに、再び帰って来たユアスタでゴールを決めたのです。

サポーター、監督、選手たち全員にとって、そして村上にとっても特別な一点でした。

 

 

結局、この後も浦和は得点できず、試合は42でベガルタの勝利となりました。

ベガルタは勝ち点3を積みましたが、順位は13のまま変わらず。

 

しかし、この勝利は今後のチームにとって大きな影響を与えるでしょうね。

ベガルタはようやく本来のチームになったなと思えるような一戦でした。

 

 

いやあ、ほんとうに、勝利ってすばらしい!!!!!

 

 

 

 

↓写真つきのブログもよろしくお願いします♪

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 


こんにちは。

素晴らしい週明けですね。

 

 

この週明けがこれほどまでにさわやかかつ心地よいのは、

やはりベガルタがホームで浦和を打ち破ったからでしょう!!!!!

 

 

首位の浦和を迎えるにあたって、ベガルタは13位。

しかし、確実に残留を決めるためにも、ここからは一つも試合を落とせません。

しかも前節東京に勝ったことで、ベガルタは良い波に乗ってましたよ。

 

 

前半、ベガルタは最初から飛ばしていきました。

東京戦もそうでしたが、2トップを含める前線からの寄せが激しかったですねえーーー

ベガルタはやっぱりこうでなくては!と思うようなプレーに選手たちの気迫を見ましたね。

 

さて、試合の展開もまた激しいものになりました。

 

 

まず先制点を取ったのはベガルタ!

コーナーキックから落とされたボールを石川がシュート。

このシュートは阻まれましたが、ゴール左前にいたウィルソンがなんと!ヒールで流し込みました。

これはなかなか見られないプレーでしたねーー

 

しかも浦和相手に先制したということで、スタジアムは歓喜にわきました。

 

 

そのあともなんとベガルタが得点します。

さきほど素晴らしいシュートをしたウィルソンが左サイドでクロスを上げ、それをゴール前で受けた野沢がシュート!!!

 

前半だけで20になったところで、ビジター席を大きくはみ出した大勢の浦和サポがついに黙りました。

あれは痛快でしたねーーー

 

 

とはいえ、さすがというかなんというか、そのあと前半のうちに浦和に二得点を許してしまい、あっという間にゲームは振出しに戻ってしまいました。

 

 

それにしても、この試合にはほんとうにたくさんの浦和サポーターが来てくれて、試合が大いに盛り上がりましたね。

やっぱり試合は満席に近いような観客がいると、それだけ楽しくなりますね。

 

 

続きはまた後ほど。

 

 

↓写真つきのブログもよろしくお願いします♪

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。