2008年3月アーカイブ

キャラクターと著作権について

 

  キャラクターとは、小説や漫画等に登場する架空の人物や動物等の姿態、容貌、名称、役柄等の総称を指し、小説や漫画等の具体的表現から昇華した抽象的なイメージであります。

 

  キャラクターについては、「漫画サザエさん事件」において、キャラクターが著作権法で保護されるという文言があり、これ以外の判決でも他人のキャラクターを利用した場合に著作権侵害であるとする判決もあります。

  しかし、キャラクターは小説や漫画等の具体的表現から昇華した抽象的なイメージであるため、具体的表現を保護する著作権法では保護されません。

  単に漫画等の主人公をキャラクターと呼んで、漫画等の複製或いは翻案が問題となっているのであれば、まさに著作権法により保護されることになります。

 

  問題となるのは、キャラクターの有する顧客吸引力を利用した「商品化権」でありますが、これは商標法、不正競争防止法、不法行為等により保護される場合があります。

「実績紹介」を更新致しました。

はじめまして、杜都(もりのみやこ)法律事務所です。

これからこのBlogサイトで、法律に関する情報や案件事例などをわかりやすく掲載していきます。

杜都法律事務所のホームページにアクセスして戴きありがとうございます。

当事務所は、仙台を代表する法律事務所の一つになるという希望をこめ、

「杜都(もりのみやこ)法律事務所」という名称をつけました。

当事務所の構成は、老壮青3代の弁護士3名によって構成されており、

あらゆる年代の相談に応じることが可能です。

業務は、主にトップページに記載した分野の法律問題についてでありますが、

土曜法律相談は、午前9時から同12時まで、事前の予約により相談をお受けします。

顧問会社の社員又は関係者につきましても、個人としての相談に応じますので、お気軽にご連絡いただければと存じます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2008年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。