2012年4月アーカイブ

 

土曜日はホームにて磐田戦がありました。

暫定首位のベガルタと二位の磐田の首位決戦という、大一番でした。

 

 

2008年に入れ替え戦で敗れて以来、なにかと因縁のついてまわる磐田ですが、この日磐田サポーターの皆さんが東北を力づけるような横断幕を持ってきてくれました。

去年の震災から、サッカーを介して多くの人たちが東北を応援してくれています。

ほんとうにありがたいですね。

改めて、ありがとうございました。

 

 

さて、試合ですが、久しぶりにミスの多い試合というのが第一印象でした。

磐田が強いのは分かってましたが、それ以上にベガルタのミスが目立ちましたね。

特にGKの林は持ち味である冷静沈着と正確なフィード...のはずなのに、なんだか浮足立ったようなプレーが多かったように感じます。

もちろん、普段のパフォーマンスが素晴らしいからこそ、ちょっとのアラが目立ってしまうんですけどね。

 

 

そんなわけで、ベガルタは立ち上がり磐田の攻撃にさらされますが、間一髪のところでうまく凌ぎました。

全体的にはセンターバックが中心に前田をうまく封じていたと思いますけどね。

でも審判の不可解なジャッジも手伝って、歯車がちょっとずれていたという感がありました。

 

 

それでも調子が悪いながらも、ベガルタは関口やウィルソン、赤嶺などが絡みながら磐田のゴールを脅かします。

特にウィルソンは惜しいシュートが前半だけで二本ありましたね。

得点してからは特にコンディションがキレキレと言う感じで頼もしい限り。

 

 

前半はお互い0-0のまま、後半に突入。

 

後半すぐにベガルタに歓喜の瞬間が!!!

左サイドでボールを受けた赤嶺からのパスを中央で待っていたウィルソンがシュート。

先制点!!!

と思ったのもつかの間、なんとオフサイドでした。

 

この判定は今でも怪しいと思っています。なにしろ疑惑のジャッジの多い試合でしたからね。

後学のためにも、どこかでしっかり検証して欲しいなと思います。

 

 

この直後にもまたまたチャンスが来ますが、ワンチャンスをものにしたのは磐田のほうでした。

左サイドから入ったクロスをゴール右で待っていた選手に押し込まれてしまうのです。

 

林も懸命にキャッチしていたようで、観客席で観ている限り、ゴールではなかったのかなという安堵の雰囲気が流れました。

しかし、これは結局カウントされ、先制点となってしまいました。

 

 

でもこれで終わらないのが、今年のベガルタの強さ。

ピッチ中央でウィルソンが粘って出したパスを、走り込んできた関口が受けて、シュートに持ち込みます。

関口はDFを引き連れながらも冷静にGKの動きを見て、ボールを流し込みます。

 

関口はこれがなんと18か月ぶりのゴールだそうです。

得点直後、ウォーミングアップしていた柳沢を筆頭としたサブの選手たちや監督が関口を抱きしめてましたね。

 

 

これで試合の流れはベガルタに・・・と思いきや、またまたピンチがやってきました。

ベガルタの守備陣の間にぽかっと空いた穴にフリーの選手が入り込み、なんでもないところで、なんでもないような失点をしてしまいました。

ああ、危ないと思った瞬間に失点してしまうなんて、この頃のベガルタでは考えられないことですね。

 

 

試合の残り時間はもはやわずか、敗色濃厚という雰囲気でしたが、アディショナルタイムは5分。

これなら得点出来る!

と思ったところで生まれたゴールでした。

 

菅井の長いフィードを受けたウィルソンが胸トラップでボールを落とし、それを自ら左足で振りぬいてのシュートでした。

このボールがゴールネットを揺らし、試合終了間際での同点弾が決まりました。

まさにラストチャンスを見逃さない、素晴らしい攻撃でしたね。

 

 

結果こそは引き分けでしたが、ベガルタのコンディションが悪い中でも負け試合を引き分けまでも持っていくというチームの強さが見えた試合でした。

もちろん、失点場面はすべて自らが生み出したピンチだったので、修正箇所はたくさんあるのですが、負けなかったことはシーズン終盤になって大きく響いてくるだろうと思っています。

 

 

しかも、引き分けたことによってベガルタは暫定首位にとどまることも出来ました。

次こそは気持ちよく勝ちたいですね。

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

ベガルタがまたまたやリました!!!

 

土曜日のアウェイにてのセレッソ大阪戦も2-1で勝利!!!

これまでキンチョウスタジアムで勝利したことがないなんて嘘みたいな快勝ぶりでしたね。

 

シーズンが始まったばかりのこの時点で、セレッソとここまでやれるなんて、今のベガルタの強さは本物ですね☆

今後がますます楽しみになってきました。

 

 

さて試合内容ですが、前半立ち上がりは微妙にセレッソペースでした。

特に清武に打たれたシュートは危なかったですね。汗

清武の蹴ったボールがベガルタの選手にぶつかって、それがゴールバー直撃。

あわやという場面でした。

 

 

しかしこの後はベガルタがペースをつかんで試合を進めます。

この試合も絶好調の太田が中心になって攻撃を仕掛けます。

そして前半早くも先制点!

 

しかもこの先制点は待ちに待ったウィルソンのゴールでした。

赤嶺が打ったシュートがゴール前でこぼれたところにすかさず反応したウィルソン。

素晴らしいゴールでしたね。

 

 

後半はベガルタがリードしたままスタート。

セレッソは早くも播戸を投入してきました。

 

これで試合のペースが変わるかなーと思いきや、なんの。

相変わらず絶好調の太田ヨシがサイドを一人でごりごりドリブル。

ゴール脇ラインぎりぎりまで持ち込んであげたマイナスのクロスには赤嶺がきっちり反応。

振り向きざまのヘディングみたいな難しいシュートだったと思うのですが、これが二点目になりました。

赤嶺はストライカーらしく、いつも絶妙なポジショニングと嗅覚で、今後も大量得点の予感濃厚です。

 

 

ちなみにこの後、セレッソが柿谷を投入したことで、セレッソの攻撃が好転し始めます。

押し込まれる時間も見られるようになり、ついには播戸のゴールを許してしまうのですが、

その後は堅実に守って試合終了。

 

 

失点してしまった状況で、さらに長いロスタイムもありましたが、しっかり守って勝ちに行く強さもチームに出てきたなあと思います。

 

これでベガルタは単独首位に躍り出ましたよ☆

 

 

この後はナビスコ、リーグ戦と続きますが、この良い流れのまま、さらに勢いづきたいものですね。

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。