soccerの最近のブログ記事


こんにちは。

W杯が始まって、早二週間。

その間、西野ジャパンは歴史的と言っても過言ではない、躍進に次ぐ躍進を続け、ついに昨日、決勝トーナメント進出が決定しました。


 

とは言っても、まあ、昨日のポーランド戦は1-0で負けました。

負けたのですが、同リーグのコロンビアとセネガルの試合が同時に行われており、コロンビアが1-0でセネガルを下したため、なんと、フェアプレイポイントという、つまりは出されたカードの数という僅差で、日本がセネガルに競り勝ったわけです。

いやあ、薄氷にもほどがある。


とはいえ、誰が何と言おうとも、決勝トーナメントに進出したのも事実です。

 

ポーランド戦は、前二試合とはスタメンが三人入れ替わりました。

昨日の試合開始直前の時点で、日本は一勝一分けという成績だったので、よっぽどのことがない限り、トーナメント進出はほぼ決まりだろうという見込みだったことや、

二試合スタメンで出場している選手たちの疲労を考えれば、監督の決断は妥当だったのだろうと思います。

 

スタメン起用された武藤は惜しい場面がいくつもありましたね。

前半は日本の良い時間が続き、ポーランドゴールを何度も脅かしました。

昨日も特に光っていたのが柴崎岳!!!

柴崎は中盤から素晴らしいパスを出すだけでなく、守備にもかなり奔走していました。

はっきり言って、彼が西野ジャパンの心臓ですね。


 

前半の奮闘もかなわず、後半になると日本は失点してしまい、結局最後まで追いつくことが出来ませんでした。

昨日の試合で瞠目(と言っていいのやら?)だったのは、やはり後半終盤、日本が最終ライン周辺でボールを回し、あからさまに時間稼ぎをしたことでしょう。


 

試合を観ている時は正直、唖然としました。

残り時間は10分ほどもあり、時間稼ぎをすることに対してのリスクが大きいように見えたことが一つ、そしてもう一つは単に、


「ださい」


ということです。

 

「俺たちのサッカ―がしたい」という理由で、おそらくは本戦直前に監督交代までした日本にも関わらず、勝つためにボール回し...

ボールを取られたら、カウンターを食らって、二失点目をするのでは、という恐れもありました。

 

しかし、一晩眠って、朝起きてみると、自分でも意外なほど、観方が変わっていました。


日本は勝つために、何でもするチームになった、


というのが、わたしの見解です。


 

はっきり言って、後半終盤で、ポーランドがボールを持っていたとしても、彼らも同じことをしたでしょう。

ただし、ポーランドは勝っていたので、勝利を確実なものにするために、ボールをキープし、試合終了の笛を待ったが、日本は負けていた。

その大きな差が、見ているわたし達に大きな違和感をもたらしていたのでした。


しかし、考えてみれば、日本は「トーナメント進出」という、ポーランド戦よりも大きな目標を見据えていた、と言うことも出来るのではないでしょうか。

 


なんというか、わたしの最終的な感想としては、


日本は勝ち負けにこだわるチームになったのだな、


ということです。


勝つためならなんでもする、という、南米や欧米なら当たり前の姿勢は、これまでの日本では「美しくない」という理由で退けられてきましたが、

西野監督があのような戦術をとったのは、チームがより「成熟」し、勝利に対する執着が大きくなったということの証なのでしょう。

 

確かに、あのボール回しはダサかったと思います。

しかし、ダサくても、彼らはもう一試合、わたし達に見せてくれるのです。


わたしはその事実を「美しさ」よりも評価したいと思います。

なぜならば、このW杯での勝負に勝つ為にこそ、選手たちは、これまでの四年間、死にもの狂いで戦ってきたのですから。

 

おそらく、答えはすべて、次の試合で見ることが出来るのだろうと思います。

 

 

 

 

こんにちは。

今週末の鳥栖戦は11でした。

 

わたしは家でネット配信を見ていたのですが、例によって?途中から見られなくなり、

結局ラジオで試合の様子を聴いていました。

そんなわけで内容については、あまり詳しくわからなかったのですが、ベガルタにとってはそれほど良い試合じゃなかったようですね。

アウェイでの試合ということも鑑みると、引き分けでも十分というところじゃないでしょうか。

明日以降、ネットでハイライトなども見ておこうと思います。

 

 

ところで、かつてベガルタに伊藤壇という選手がいたことを覚えていますか。

彼は大学卒業後、ベガルタに二年間在籍しました。


わたしはオンタイムで彼の活躍を知っているわけではないのですが、知り合いのベガサポの方が彼と仲良くしていたらしく、

いろいろな話だけは以前から聞いていました。

 


彼はベガルタを退団した後、様々な国や地域でサッカーをプレーし続けているようですが、

つい最近、「クレイジージャーニー」という番組で外国での生活を紹介していました。

 

 

オンタイムで伊藤選手を知っていたわけではなかったので、正直なところ、この番組で彼については詳しく知るところになりました。

番組によると、彼はアジアの国のみでサッカーをプレーし、しかもどのチームも一年契約で終了する、という生活をしているようですね。

 


多くの日本人選手がヨーロッパで活躍しているというのに、なぜ伊藤選手はアジアにこだわっているのか、というと、

「アジアに詳しい人がいないから」という理由のようでした。


アジアのサッカーに詳しい人がいないという環境の中、交渉から契約まで、なにもかも自分でこなすという伊藤選手の存在は、本当に稀有だし、驚きでした。

 

 

アジアの国でサッカーするにおいて、彼の一番のこだわりは、

「プロとしてサッカーできること」

ということだそうです。


つまり、オフシーズンもバイトをする必要がなく、サッカーの給料だけで暮らせる条件を得られることが重要ということです。

これはプレーする国の物価なども関係してくるのでしょうが、あくまでもその場所で、サッカーだけで暮らすことを条件に契約を結んでいるということでした。

 

そして面白いことがもう一つ。

それは、どんなに環境画良くても、契約は一年のみ。一年たったら、ほかの国でサッカーをする、という決め事です。

 

彼によると、短い現役の残り時間、出来るだけ数多くの場所でサッカーをしてみたい、ということでした、

そんな風に過ごしてきて、気が付いたら、今や19か国でサッカーをし、20か国目を探している、ということになっているのです。

いやはや、すごいですね。たくましいなあ。

 

 

それにしても、トラックの荷台に乗って、三時間かけての移動とか、

試合前泊の場所が誰かの民家で雑魚寝とか、はるかに想像をこえるサッカー環境でした。


それでも、現役生活を終えたら、今度はまたもやアジアの国々で、今度は指導者として活動したい、ということを言っていました。

ほんとうに楽しんでるんだなあ、と思いました。

 

今後も是非とも活躍してほしいですね。

きっと彼の後に続く若い選手がたくさん出てくることでしょうね。

 

 


こんにちは。

 

J1リーグは終わってしまい、ウイルソンらブラジル人選手たちは帰国しましたが、

ベガルタは今週いっぱい練習しているようですよ。

 

一方、J2リーグはまさに最後の佳境に差し掛かり、来期からJ1に昇格するチームが決まりました。

 

昇格が決まったチームは札幌と清水になりました。

わたしは個人的に松本を応援していたのですが、最終戦に勝利したにも関わらず、清水との得失点差のせいで、プレーオフにまわることが決まりました。

 

J1J2ともに、最後の最後までどうなるかわからないという意味で波乱万丈のシーズンでしたが、今後はJ2のプレーオフやJ1のチャンピオンシップがあるので、もうしばらく楽しめそうですね。

 

 

ところで、来期からはまた1シーズン制に戻りますね。

わたし個人としては、やはり1シーズン制のほうがいいなと思っていたので、うれしい限りです。

しかし、来年Jリーグの放映権をとったのがスカパーではなく、どうやらネット関連の会社らしいので、その辺が今から心配です。

サポーターたるもの、アウェイの試合も含め、観られる試合は全部見たいですからね。

 

 

そうこう考えていると、代表選もあったことだし、ベガルタの試合がないとはいえ、なかなか盛りだくさんですね。

あと気になるのは選手の去就!!!

特にレンタルで来ている三田には是非残留してほしいと思います。

 

ああ、早く安心させてほしいなあーーー

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 



こんにちは。

 

先週、Jリーグは第一ステージと第二ステージの中休みで、試合がありませんでした。

その機会を利用して、ベガルタは静岡でミニキャンプをはっていたようですね。

 

詳しいことはわかりませんが、テレビで見た感じでは、怪我人もちゃくちゃくと回復しているようですよ。

上本大海選手やハモン・ロペス選手なども、ふつうに練習に加わる様子がニュースに映っていました。

 

 

それにしても、今日は女子サッカーワールドカップ決勝が行われたわけですが、

なでしこ、すごかったですねーーーーーー

 

もちろん、試合全部を見られたわけではないのですが、

前半40で負けていながら、最終的に52までもっていったのは、素晴らしいと思います。

 

なにしろ、その舞台はワールドカップの決勝ですからね!!!

 

男子のチームがそのレベルに到達するまでには、まだまだ時間がかかりそうですが、

なでしこのほうは安定して世界のトップレベルに君臨しているわけです。

今後、なでしこの選手たちの待遇が、もっと改善されればいいなと思います。

名ばかりではない、本質的な「プロリーグ」が実現するといいですね。

 

 

さて、今週末からはまたJリーグが再開します。

前半は7位という上々の結果でしたが、またゼロからのやり直しです。

後半、ひとつでもふたつでも上の順位に行けるように、頑張りましょう。

 

 

わたしは個人的に奥埜選手と野沢選手の活躍に注目しようと思います。

だんだんと調子を上げている野沢選手と、

ここまでチーム得点王の奥埜選手。

ふたりの活躍がひいてはチームの活性化につながると思ってます。

 

 

ああ、早くベガルタが見たいなあーーー

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

 

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

こんにちは。

 

やりましたね!!!

ベガルタがついに八試合ぶりに勝利をおさめました!!!!

 

 

いやあーーー、長かった。

ここまで七試合勝てなかったというだけでなく、新潟には2012年から勝手なかったようですし、

その上アウェイでも長い間勝ち点3を奪えてなかったんですよね。

 

ここまで苦しい状況が続いていましたが、前節浦和戦を引き分けたことで、

ようやくチームが自信を取り戻したようですよ。

 

なにしろ勝ったばかりでなく、3-0という無失点での完勝でした。

 

わたしは生憎、当日都合が悪くて、オンタイムでは試合を観ることが出来なかったのですが、

奥埜の2ゴールとミンテの強気なゴールはしっかり確認しましたよ。

 

 

いやあ、ほんとうに嬉しい。

 

 

今季は下位のチームのほうが混戦になっている上、今年から2ステージ制なので、

残りはわずか5試合です。

しかし混戦ゆえに一度でも勝てば順位はぐんと上がるので、

この好調をキープして、次の甲府戦も確実に勝ちたいですね。

 

 

ああ、それにしても、ほんとうに勝利って素晴らしい♪

 

それにしても、チームメイトを叱咤してイエローカードが出るって、なんなんですかね?謎

 


↓写真つきのブログもよろしくお願いします♪


 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

こんにちは。

ついに決勝のカードが決まりましたね!!!

 

決勝はドイツ対アルゼンチンになりました。

 

これは面白い対決になりそうですねえーー

 

 

今朝のアルゼンチン対オランダ戦は、わたしは後半から見たのですが、

前日のドイツ戦があまりにも大量得点差のある試合だったため、

起きる早々、おそるおそるテレビの画面を見ました。

 

そしたらなんと、スコアは00のまま。

結局、延長戦もスコアレスのままで、PKまでもつれ込むことになりました。

 

 

 

それにしても、あのオランダの猛攻を止めるなんて、アルゼンチンの守備はすごいですね。

といっても、オランダの守備も同じくらい集中してました。

 

あれくらい両者の守備力が拮抗していると、なかなかシュートまでいかないのですが、

さすがにレベルの高い戦いだけあって、見ていても飽きないものですね。

 

 

わたしは個人的にオランダを応援していたので、そのうちまたロッベンやファンペルシーがやってくれるのじゃないかと期待しながら見ていましたが、

決勝に行くというのは、やはり簡単なことではないですね。

 

 

 

ちなみに今回もPK戦にはオランダのGKクルルが出てくるのじゃないかと期待していましたが、延長戦のあいだに三枚目のカードが使われたため、クルルの出番はありませんでした。

PK戦でアルゼンチンのGKがオランダのシュートを二本も止めたことを考えると、皮肉な感じがしますが、

アルゼンチンが決勝進出にふさわしいチームであるのは間違いありません。

 

 

 

決勝の前には三位決定戦があるので、まずはそこから楽しみにしようと思っています。

いやあ、なんだかんだW杯、楽しいですね。

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com





ずいぶんと長い間御無沙汰してしまいました。

こんばんは。

 

 

前回の更新から、日本はW杯予選敗退が決まってしまい、

日本どころか、世界ランキング一位のスペイン、イタリア、イングランド、そしてわたしが個人的に応援していたポルトガルも敗退するという、波乱に満ちた大会となってしまいました。

 

 

が!

 

 

ついにそんなW杯もベスト4が決定しました。

 

サプライズ続出の大会とはいえ、ここまで来ると、残ったのは当然とも思えるチームばかり。

オランダ

アルゼンチン

ドイツ

そして地元ブラジル。

 

 

このあとは、この4チームがしのぎを削り、たった1チームだけが優勝するわけです。

 

 

わたし個人としては、ひそかにオランダが優勝するのじゃないかと思っています。

なにしろ、あの決定力は段違いですからねーーー

 

コスタリカ戦はたしかに打つシュート、打つシュートがバーやクロスバーにあたったり、

相手チームのGKに止められたりもしましたが、

最後の最後でPK戦に競り勝つ勝負強さはさすがです。

 

もちろん、監督の采配の妙も勝利の大きな一因だろうと思います。

だって、PK専門のGKを用意しているなんて、聞いたことないですよね。

でもそのPK専門のGKがコスタリカのキックを二回も止めるんだから、采配大当たりとしか言いようがありません。

 

 

 

まあ、どこが優勝するにせよ、最後まで面白い試合を観たいものですね。

今回はどの試合も接戦だし、期待できそうですね。

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com


こんにちは。

Jリーグが中断期間に入り、すっかりご無沙汰してしまいましたが、

今日は朝からしっかり日本戦を見ましたよ。

 

 

うーーーむ。

 

 

残念ながら日本はコートジボワールに21で負けてしまいましたね。

前半先制点を入れたところはよかったんですけどねーー。

残念。

 

 

10時試合開始とはいえ、強い雨の降る中、相当暑かったんでしょうね。

選手たちは見るからに体力を消耗しているようで、前半の終盤から選手たちの運動量ががくんと減りました。

 

それでも要所要所で守備をしていたのと、コートジボワールのシュートミスに救われていましたが、

ドログバが入るやいなや、コートジボワールの動きが変わっちゃいましたね。

 

ドログバ自身がシュートしたりしてるわけじゃないんですけど、彼の存在感がほかの選手たちの背中を押したんでしょうか。

日本にとっては不幸なことでした。

 

 

それにしても、今大会はいきなりスペインが51で負けたり、波乱続きですねえ。

でもスペインは次の試合までに修正してくるでしょうし、日本もギリシャ戦までに立て直して欲しいですね。

 

 

試合終了後からよく耳にする(目に?)することですが、どうせ負けても、日本のサッカーを見せて欲しいと思います。

コートジボワール戦はポゼッション率も低かったし、なにより運動量が少なすぎました。

本田が言うように世界を驚かせるためには、まずは日本のコレクティブな守備とパスのつなぎで相手を追い込みたいですね。

 

 

まあ、こんなこと、当然本人たちはわかっていることだろうと思います。

日本代表はギリシャ戦こそやってくれると、期待してますよ☆

 

 



写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

久しぶりの更新になってしまいましたが、こんにちは。

 

ベガルタもいよいよ鹿児島キャンプに出掛けるなど、本格始動しましたねーー。

昨日のやべっちFCでは浦和に移籍した関口が赤い!練習着!で練習しているところを見てしまい、

ああ、ほんとうに移籍したんだなあと実感が迫ってきましたよ。涙

 

 

でもまあ、ベガルタはベガルタで今年もタイトル狙って頑張りましょう!!!

その前に立ちはだかる者は関口であろうとも、どかしちゃいますよ!

 

 

さて、鹿児島キャンプに出掛けたベガルタについてはこちら http://ameblo.jp/uraura-sato/で読んでいただくとして、

こっちでは先日行われた松田直樹メモリアルマッチについて書こうと思うのですが、

この試合は群馬出身で、且つこの地で急逝した元日本代表松田直樹選手の追悼と、AEDの寄贈等を目的として行われました。

 

 

試合は群馬出身の選手たちを中心としたチーム対松田の友人を中心としたチームで行われました。

 

松田選手が長い間、代表をつとめていたこともあり、Naoki's Friendsのほうには見知った選手たちが続々といました。

中でもベガルタサポーターに今でも愛されている、元ベガルタの財前さんの出場が印象的ですね。

 

彼のブログによると、試合数か月前には元日本代表、現在旅人!の中田から、

「ちゃんと練習しとけよ」

と言われたそうで、コーチをつとめるユースチームの練習が終わると、中学生に交じって自主練習を積んでいたそうですよ。

 

 

生憎、試合内容は殆ど見られませんでしたが、選手たちの名前を見る限り、盛り上がったことは間違いありません。

なにしろ、去年いっぱいで第一線を退いたゴン中山も出場し、挙句の果てにはMVPになってしまったというのですから。

 

 

いやはや、相変わらず良いところどりですねえ。笑

 

 

それにしても、こういうチャリティマッチが年間通じて、いろいろな場所で開かれ、観る人達に勇気と希望を与えてくれるのはありがたいですね。

わたしも機会があれば、是非スタジアムで観たいものです。

 

 

ちなみに松田直樹メモリアルマッチについての詳細はこちら

http://www.gunma-fa.com/dreamHP/naoki-index.html

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

週末は選挙とクラブワールド杯の試合でてんやわんやでした。

 

Jリーグ王者の広島は生憎決勝までは行けませんでしたが、この決勝戦は予想にたがわぬ、素晴らしいものになりましたね。

途中からは選挙速報が画面下三分の一くらいを使ってましたが、それも気にならないくらいの面白さでした。

 

 

決勝戦は勿論、チェルシー対コリンチャンスでした。

 

ここ数年、世界一の座はずっとヨーロッパのチームが獲得してきていることもあり、試合前はチェルシーが優勢かなーなどと思っていましたが、蓋を開けれ見ればそうでもなかったですね。

 

 

というか、いや、チェルシーは優位だったんですが、コリンチャンスのGKカッシオがすごすぎなんですよ!!!

フェルナンド・トーレスほか、チェルシーの選手たちの足元から放たれるシュートは、あれよあれよとカッシオによって防がれました。

 

 

そして!

 

 

後半、先制点を奪ったのはなんとコリンチャンスでした!!!

 

 

コリンチャンスにはかつてJリーグに在籍していたダニーロやエメルソンがいることもあり、わたしはなんとなくコリンチャンスを応援しながら観戦していたのですが、

いやー、エメルソンうまいですね!!!

 

 

Jリーグにいる時からうまい、うまいとは思ってましたが、あの時の能力にさらに磨きがかかったように思います。

 

特に守備で。笑

 

 

結局チェルシーは最後までカッシオの立ちはだかる牙城を崩すことが出来ず、1-0でコリンチャンスが初の世界王者となりました。

 

 

試合終了後、コリンチャンスには歓喜のあまり涙する選手たちがおり、チェルシーには悔しさに泣き崩れる選手たちがいました。

どちらもチームも素晴らしい試合を見せてくれて、ほんとうにありがとうございました。

 

 

いつかはベガルタと共にこういう試合に臨めるといいなあ、と心底思いましたよ。

夢は広がりますね。

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちsoccerカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはgeneralです。

次のカテゴリはお知らせです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。