2009年11月アーカイブ

 

昨日ベガルタはアウェイ徳島で試合がありました。

前日にセレッソが勝利していたため、今節での優勝決定はなくなりましたが、勝ち続けることで自力優勝への道が開かれます。

そういう状況でベガルタが見せたのは、まさにチーム力の充実と決定力でした。

なんと40での完勝!!!

チームとしての完成度が徳島とは違うなというのが正直なところです。

いやあ、すごかった。

 

中島と一柳を新型インフルエンザで、菅井を急性胃腸炎で欠くという厳しいチーム状況の中、誰が出ても同じ結果を残せるということを証明してくれました。

急遽試合に出場することになった田村は勿論、右SBとして合格点以上の働きぶりを見せてくれましたよ。

 

 

試合自体は一貫してベガルタの主導の下に行われました。

前半ソアレスが平瀬のパスを受けて、一人で徳島DFの間をするすると走りぬけ、綺麗なループで得点してから、ベガルタの攻撃力は爆発したような感じでした。

 

ソアレスの調子の良さは試合前から監督のコメントで知っていましたが、ここに来てほんとうに調子が上がっていますね。

4得点のうち3点にソアレスは絡んでいる上、守備もまったく手を抜かない奮闘ぶり。

手倉森監督が「来年もベガルタでプレーしたいという気持ちを見せてくれた」と言っていましたが、来年も是非ベガルタで活躍して欲しいですね。

ソアレスのテクニックと速さ、創造力は、次はJ1のステージで見たいものです。

 

 

ところで昨日は試合後、徳島の選手の引退セレモニーが行われました。

その内の一人がベガルタで守護神として活躍した高桑大二郎選手です。

高桑が引退することは事前に発表されていたので、彼の引退する姿を一目見ようと徳島まで駆けつけたサポーターもたくさんいたのではないかと思います。

彼はそれほど深く、サポーターに愛された選手の一人でした。

 

高桑はスピーチの段になると、案の定号泣したまま、最後はちょっと意味不明のことを言っていましたが、それもこれもひっくるめて素晴らしいセレモニーでした。

徳島の選手たちだけでなく、ベガルタの選手たちも高桑と一人ずつ握手をし、抱き合い、そしてプレゼントを渡していました。

セレモニーのあと、高桑がわざわざベガルタサポーターのところまで出向き、渡された拡声器で話をしていたのも微笑ましかったですね。

是非とも次は指導者として仙台に戻ってきて欲しいと思います。

ほんとうに18年間お疲れ様でした。素晴らしい、充実したサッカー生活の一部を仙台でも送ってくれて、ほんとうに嬉しかったです。

 

 

さて、次はいよいよシーズン最終節、ホームにて愛媛戦があります。

この試合に勝てば、ついに念願の優勝が待っています。

是非とも勝利して、自力優勝を掴み取りたいですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

今年もこの季節がやってきました。

ついに戦力外の選手が発表されてしまいましたね。

 

 

木谷 公亮(きたに こうすけ)選手

飛弾 暁(ひだ さとし)選手

西山 貴永(にしやま たかひさ)選手

曽我部 慶太(そがべ けいた)選手

田中 康平(たなか こうへい)選手

 

特に木谷は2005年にベガルタに加入して以来、主力としてチームを支えてくれた選手なので残念です。

今年は出場する機会に恵まれなかったものの、広大が累積で出場停止になったときには、出場機会がなかったことなど感じさせないようなプレーを見せてくれました。

そういうことを考えると、まだまだ現役選手として活躍できると思うので、出来れば別のチームで頑張って欲しいですね。

 

 

それ以外の選手たちもまだまだ若いことだし、今後のご活躍を願っています。

今までどうもありがとう。

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

みなさん、週末のベガルタはなんとセレッソとの首位争いに勝利しました!!!!!

しかも、後半ロスタイムにパクがゴールを決めるという劇的な幕切れでした。

 

パクのヘディングがゴールネットに突き刺さった瞬間には、スタジアムにいる全員が立ち上がり、おそらく全員が両手を挙げて喜んだと思います。

ほんとうに涙が出るくらい嬉しかったですね。

実際、号泣している人もたくさんいたと思いますよ。

 

 

それにしても、良い試合でしたね。

前半は結構手堅く試合に入った感じでしたが、時間がすすんでいくと共にベガルタが攻勢に出始めます。

 

菅井がシュートをしたあたりから、流れを強く手繰り寄せたような感じでしたね。

でも、それもこれも、ボランチを中心にした守備が大きく効いていたからだと思います。

最初は梁がなかなか攻撃に顔を出せませんでしたが、セレッソのほうでは乾が完全に消えてました。

それはつまり、ベガルタ側のケアが行き届いていたということですね。

 

中でも直樹の気迫はすごかったですねえ。

普段よりもかなり深いところまでプレスとチェイシングをかけ、そればかりか、決勝ゴールを導く素晴らしいクロスを入れたのも彼でした。

まさにMVPに匹敵する活躍だったと思います。

あ、勿論実際のMVPは決勝ゴールを決めたパクですけどね。

直樹は敢闘賞でした。

 

 

ああ、ほんとうに嬉しい。

こんなに嬉しいことはないですね。

これで一気にリーグ優勝を引き寄せたことになります。

 

この調子であと二試合!!!

勿論全勝で優勝を掻っ攫い、あとは余裕があったら天皇杯もかき回しちゃいましょう!!!

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

 

 

昨日ベガルタ仙台は香川の地でFC東京と、天皇杯第四回戦を戦いました。

FC東京はJ1のチームと言うだけでなく、先日ナビスコ杯の決勝で川崎フロンターレに競り勝ち、優勝を手にしたチームです。

昇格が決まったベガルタが、来年以降の戦い方を占うにはうってつけのチームですね。

 

 

この試合はTV放映がなかったので、試合結果しかわからないのですが、なんと!FC東京相手に30でベガルタが勝利しました。

それも記録を見る限り、ずっとベガルタ側がリードしてるんですよね。

まず前半に中原が、後半に中島が、そして後半ロスタイムにソアレスがそれぞれ得点しているのです。

中原と中島の2トップがスタメンというだけでもわくわくものですが、その二人がそれぞれJ1のチームを相手に結果を出してくれるなんて、ほんとうに嬉しいですね。

最近のベガルタは相手がどこだろうと、負ける気がしませんね。

これは、今週末のセレッソ戦も勝っちゃうんじゃないでしょうか。

 

 

まずは夕方のニュースの録画で、天皇杯の映像を観たいと思います。

そしていよいよ週末のセレッソ戦に向けて、気分を盛り上げていきたいですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

ベガルタ仙台がJ1に昇格することが決まってから一夜が明けました。

今日は朝刊からその話題で湧いていましたねえ。

一面に大きな選手とサポーターの集合写真が載っており、スポーツページには見開きで大きな写真と記事が、これでもかというくらい載っていました。

 

 

夕方は夕方で、すべてのチャンネルのニュースで、ベガルタの特集を組んでいました。

わたしは録画して観たのですが、選手たちと監督がインタビューを受けていて、今更ながら、J1に昇格するという事の大きさを実感しました。

たぶん、選手たちも同じような感じなのでしょうね。

 

関口なんかはインタビューで、試合後の帰りのバスの中でも普段と変わらず、昇格したという実感はなかった、というようなことを正直に話していました。

その割には、試合後何人もの選手たちが号泣していましたけどね。

勿論、テレビの前で観戦していた多くのサポーターが同じように涙したと思うのですが。

 

 

ああ、それにしてもほんとうに嬉しいですね。

実感がないと言いながらも、ベガルタの話題が出るたびに笑いが止まらないような状態です。

昨夜「やべっちFC」にベガルタの選手たちが出てきたときには、さすがにびっくりしました。

これがJ1というものなんですよねえ。すっかり忘れていました。

来年からは全国版のテレビ番組でコンスタントにベガルタ情報が得られるかと思うと、今から興奮します。

 

 

とは言え、選手たちも言っていましたが、今年のベガルタが狙うのは優勝しての昇格です。

今週末は香川でFC東京と天皇杯の試合があり、来週にはいよいよホームでセレッソとの直接対決があります。

ここまで来たら、絶対に優勝して昇格を飾りたいですね。

わたしも勿論、セレッソ戦はスタジアムで応援するつもりです。

今から待ちきれない思いでいっぱいです。

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

 

やったーーーーー

今日の水戸戦、ベガルタは40で圧勝し、7シーズンぶりのJ1昇格を決めました!!!!!

 

 

試合終了後も、スカパーのダイジェスト番組を観たり、録画した試合を観たりしているのですが、何度観ても笑いがこみ上げてきますね。

いやあ、ほんとうに嬉しい。

試合後、街中に出てみると、藤崎の前ではシャンペンタワーが出ていたり、その横でノンアルコールながら、シャンペンが振舞われたりしていました。

わたしもしっかりお相伴に預かり、お祝い気分を満喫しましたよ。

 

 

試合内容については、またあとで書きます。

今は何よりも、昇格万歳

という気分!

 

 

とは言え、今年ベガルタが目指しているのは、優勝での昇格ですから、リーグ戦残り三試合と天皇杯は、きっちり勝っていきたいですね。

最後にセレッソとの優勝を決定する直接対決が残っているというのも最高です。

どれだけシーズンを面白くしてくれるんでしょう、わがベガルタったら!!!

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com/

 

 

 

久しぶりの更新になってしまいました。

 

更新が滞っている間、わがベガルタはと言うと、リーグ戦こそなかったものの、土曜日は天皇杯、日曜日はサテライトの試合がありました。

生憎、どちらの試合も観られなかったのですが、結果はしっかりチェックしましたよ。

なんと、天皇杯もサテライトもきっちり勝ちました。

両方ともJ1のチームが相手だったことを考えると、今の時点でのチーム力を確認するための、良いテストマッチになったのじゃないかと思います。

 

 

さて、天皇杯ですが、これは大宮との試合でした。

大宮は降格ライン上にいるとは言え、J1のチームです。

ベガルタ側は最初、日本人のみのチーム編成で試合に臨んだのですが、まずは裕希が先制点を決めました。

なにしろ試合を観ていないのでなんとも言いようがないのですが、裕希の調子はうなぎ上りですね。頼もしい限りです。

 

ところが、そのあと大宮にPKを献上してしまい、同点とされてしまいます。

その後は両チームとも得点出来ず、延長戦にもつれ込みますが、ここでキャプテンの梁がやってくれました。

久しぶりの直接FKでチームの勝利を確定してくれたのです。

 

梁のFKが決まったのは、なんだか久しぶりのような気がしますね。

勿論、FK以外のところでもチームに甚大な貢献をしてくれているのは言うまでもありませんが。

 

 

一方のサテライトの試合はというと、こちらはブラジル人コンビが大活躍だったようです。

またもやJ1チームである柏を相手に3点をソアレスとサーレスで取ったようですよ。

FW陣が揃って調子良いので、リーグ戦の残り四試合、頼もしいですね!!!

 

 

さて、今週はリーグ戦の水戸戦があります。

うまく行くと、J1昇格が決まるかもしれません。

残りの試合は全試合勝利で昇格と優勝をつかみ取りたいですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com/

 

 

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。