2011年3月アーカイブ

 

昨日は待ちに待ったJリーグの開幕戦でした。

 

昨年14位でシーズンを終えたベガルタですが、今年は一味違います。

なにしろ、マルキーニョスと柳沢という大型補強のほか、ボランチやDFラインでも素晴らしい補強がなされたわけです。

 

新加入の選手たちがこれまでのチームに良い刺激と競争をもたらしてくれれば、ベガルタはさらにチームとして良くなるのじゃないかと、いやがおうにも期待が強まります。

 

 

さて、開幕戦は広島ホームで開催されました。

佐藤寿人は残念ながらインフルエンザで欠場でしたが、アジア杯での活躍が記憶にあたらしい李もいるほか、チームとしても熟成しているので決して油断は出来ません。

 

 

が!

 

 

はじまってみると、前半はベガルタ主導権で試合が進みました。

 

あたらしいベガルタは赤嶺とマルキーニョスのコンビネーションがとても良くて、二人が中心になってボールを前に運びます。

 

 

特に試合開始後すぐ、マルキーニョスがひとりドリブルでボールを持ちながらゴールを目指していく姿は圧巻でしたね!!!

彼の存在感の大きさを改めて思い知りました。

 

 

それ以外にも新加入の角田がサイドからあげたクロスにゴール前の赤嶺が反応し、ドンピシャのヘディングシュートという場面もありました。

これは残念ながら広島のGK西川が素晴らしい反応を見せ、得点には至りませんでした。

 

 

後半は一転、広島に攻められる時間が続きます。

 

前半ほとんど封じ込めていた李がいきなりシュートを見せます。

しかしこれは林のスーパーセーブで事なきを得ます。

 

 

仙台も主にセットプレーから反撃を続け、一度はチョのヘッドであわや得点という場面もありましたが、ゴールを割るには至りませんでした。

 

 

 

昨日の試合はどちらも相手の良い面を打ち消すという試合展開になりましたが、

結局のところお互いのGKが素晴らし活躍をし、00のスコアレスドローに終わりました。

 

 

結果こそは引き分けとなりましたが、広島相手に内容の良い試合が見れたので、これからのベガルタの活躍がさらに楽しみになりました。

 

次はホームで名古屋との対戦があるので、次こそは結果、内容ともに期待したいですね。

 

 

 

 

 

あの憎っくき敵の話です。↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

是非見てくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。