2010年8月アーカイブ

 

勝ちました!

また勝ちました!これで二連勝!!!

 

 

試合当日現在で湘南はベガルタのすぐ下17位につけていました。

この残留直接対決に勝たないことには、降格圏を脱出できないということで、どうしても勝たねばならない一戦でしたが、

選手たちは見事プレッシャーに打ち勝ち、強いベガルタを見せてくれました。

 

 

前半はお互いにややおとなしめの立ち上がり。

湘南に攻め込まれる場面こそはほとんどなかったものの、ベガルタ側も猛攻というわけではありませんでした。

とは言え、梁が豪快なボレーを蹴りこみ、それがもう少しのところでゴールの枠を超えてネットにたたきつけられるような場面がありました。

それともうひとつ決定的な場面がありました。

これは前半終了間際、赤嶺がGKと一対一まで持ち込みました。

満を持してシュート、そして得点!

と思ったのですが、なんと蹴られたボールはゴールの右に逸れました。

FWとしては絶対に決めたかったチャンスでしたが、外してしまいました。

しかも、このプレーで赤嶺は足を痛めてしまったようで、後半から太田がかわってプレーすることになりました。

 

 

 

後半、太田が入ったことにより、ボールがさらに動くようになります。

ベガルタ側は次々とチャンスをつくり、ついに得点が生まれました。

これはカウンターからのすばらしい得点場面でしたね。

中盤からのボールを受けて、太田がサイドをどんどんと駆け上がり、シュートを放ちました。

このボールは惜しくも阻まれてしまったのですが、相手DFからのこぼれたボールを梁が左足でボレーを蹴りこみます。

これが見事決まってベガルタが先制点を決めました。

梁がいよいよ覚醒したという瞬間でした。

 

 

ところがこのあと、湘南のカウンターを食らってしまい、失点してしまいます。

どういうわけか湘南戦となると、いつも得点する阿部吉郎に今度もやられてしまったわけですが、こちらもその後、中原というジョーカーを出して応戦します。

 

 

この中原登場によって勝負が決したといっても過言ではないでしょう。

後半20分頃、ソンホにかわって登場した中原が、去年と同様パクとのホットラインを見せ付けました。

左サイドからパクのクロスを受け、中原は思い切りよくヘディングをしました。

するとこれが美しい弧を描き、ゴールの右端に吸い込まれていきました。

ヘディングでのループシュートなんて、初めて見ましたよ!!!

 

 

結局この中原のゴールが決定弾となり、ベガルタは二連勝しました。

さすが、ベガルタの野獣。

 

 

あとは前半中に負傷した赤嶺の負傷状態だけが心配ですが、今日発表されたところによると、捻挫だそうです。

最長でも全治三週間だそうで、大したことがなくてほんとうに安心しました。

次のリーグ戦までには幸い二週間あるので、その間にしっかり治療に専念して欲しいですね。

 

 

それにしても、ベガルタがようやく以前の強さを見せてくれて嬉しい限りです。

この調子で、ひとつでも上の順位を目指していきたいですね。

ちなみに今は降格圏脱出の14位!!!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

日曜日の大宮戦は15試合ぶりに勝利をおさめることが出来ました!!!

ほんとうに長い長いトンネルでしたね。

でもこの勝利は暗闇の中を腐らずに進み続けた選手たち、監督、スタッフ、そしてサポーター全員の手によるものだと思います。

 

 

大宮戦では単に勝利を手にしたのみならず、試合内容もほんとうにすばらしいものでした。

梁のコンディションが目に見えて上がっているようでしたが、やはり彼の復調がチーム好調の鍵であることに間違いないですね。

それ以外にも新加入の赤嶺の嬉しい初ゴールなど、様々なことがありました。

いやあ、嬉しい。

やはりベガルタが勝つことほど嬉しいことはありませんね。

 

 

この大宮戦はベガルタが今年J1に踏みとどまるためには、どうしても勝たねばならない重要な試合でした。

大宮は監督交代をして以来、5試合負けなしという好調を維持していましたが、だからといって負けるわけには行きません。

最近の大宮のチーム状況を鑑みると、おそらく大変厳しい戦いになるだろうことを予想していたのですが、蓋を開けてみると30というスコアは言うまでもなく、内容もベガルタ側が圧倒するという嬉しい予想外の結果となりました。

 

 

わたし自身はこの試合をテレビ観戦していたのですが、まず前半開始直後に先制点を取れたのが大きかったのではないかと思います。

それもこれは左サイドからの梁のクロスをフェルナンジーニョがボレーで叩き込むというすばらしいシュートでした。

 

その後大宮からは負傷者が出るという不運な出来事がありましたが、ベガルタの猛攻はそんなことお構いなしに大宮陣内にどんどん雪崩れ込んでいきます。

 

 

この日は普段とは違い、ボランチに斉藤が入っていたのですが、この斉藤が晋伍と組んでよく働いていたと思います。

中盤で攻撃を芽を摘むだけでなく、ミドルシュートやらうまい配球やらと随所に活躍します。

 

そしてトップからの激しい寄せとチェイシングも目を見張るものがありましたね。

赤嶺とフェルナンジーニョが前線からの守備をサボらずに頑張ってくれたお陰で、2列目からの運動量が随分と軽減されたのではないかと思います。

特に大宮戦当日は気温30度を越える大変な条件下での闘いだったので、二人のハードワーキングが功を奏したといえるのではないかと思います。

 

 

攻撃陣の活躍はもちろんですが、この日は守備陣も踏ん張って最後まで無失点で追われたのも良かったですね。

 

 

それともうひとつ。

この日は顎骨折していた中原がフェイスガード着用で久しぶりに途中出場で姿を見せました。

中原のプレーを見たのは久しぶりですが、ピッチに入るやチャンスを作るなど、相変わらず大きな可能性を匂わせる選手ですね。

まさにスーパーサブと呼ぶに相応しい存在感です。

それに彼のダイナミックなプレーは殆ど日本人の規格を大きく外れていて、見ていてワクワクしているサポーターは多いのじゃないかと思います。

今後の活躍がまた楽しみですね。

 

 

さて、大宮戦は快勝しましたが、今週末はまたもや湘南との厳しい直接対決が控えています。

おそらく選手たちは勝利の余韻に酔うことなく、もう既に次の試合に照準を合わせていると思います。

わたし達サポーターもそんな選手たちの背中を少しでも押せるよう、しっかり応援していきたいですね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

 

週末は川崎戦がありましたが・・・

またもや負けてしまいました。

しかも今回は前半20でリードしていながら、前半のうちに1点を返され、

後半ついにひっくり返されるという展開。

なんだか見たような展開ですね・・・

 

 

 

ところで昨日は気分を変えて、楽天対ロッテの野球の試合を観てきました。

野球にはそれほど興味がないのですが、たまたまチケットがあるという友人の誘いにのって行ったのです。

たまにはそれほど勝負にこだわらないスポーツ観戦というのもいいですね。

しかも!

この試合は楽天がロッテに勝ちました!

 

 

ベガルタの試合では久しく勝利を見ていないので、ちょっと嬉しかったです。

ピッチャーも岩隈だったし、ミーハー心も満たされたりして。

 

 

とは言え、

今週末は土曜日になんとマリノス戦があります。

W杯には殆ど出場しませんでしたが、あの!中村俊輔!が仙台にやってきます。

 

勝負に勝つのは難しいだろうと思いますが、肉を切らせて骨を断つくらいの気持ちでなんとかマリノスに泡を吹かせたいですね。

サポーターのわたし達がそのためにも、まずは選手の後押しをしましょう。

 

 

決戦は土曜日!!!

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。