2010年5月アーカイブ

 

 

前回の更新から随分時間があいてしまいました。

気がつけば、J1リーグは休止期間に入り、W杯は二週間弱先まで迫ってきています。

とは言え、今日はナビスコ杯の試合がセレッソホームにて行われています。

生憎ナビスコ杯はテレビ中継がないので、試合の詳細を知ることは出来ませんが、次勝てばテレビの中継が入るとか入らないとか。

 

 

ちなみにセレッソ戦のスタメンですが、SBには負傷していた菅井が戻ってきました。

代表でチームを離れている梁のかわりには太田が入り、ボランチの直樹を休ませるために田村が入ったようですね。

 

セレッソのほうも香川が代表で離脱しているので、どんな戦いが繰り広げられるのか楽しみですね。

中継がないのが、ほんとうに残念です。

 

 

とりあえず、現地に応援にいったサポーターたちのつぶやきを拾いつつ、なんとなく試合の雰囲気を楽しみたいと思います。

水曜日のFC東京戦に続き、セレッソも是非打ち破りたいですね。

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

昨日のホームにての名古屋戦は負けてしまいました。スコアは21

それでもここしばらくの試合の中ではだんとつの内容のよさでした。

試合に負けたものの、希望の光は確かに見えたと思います。

ほんとうは名古屋に勝って浦和戦に臨みたかったのですが、仕方ないですね。

リーグ中断に入る前に、是非浦和に勝って、勝利で締めくくりたいものです。

 

 

それにしても、昨日の試合はほんとうに審判に振り回されました。

あまりこういうことを言いたくないのですが、試合後にニュースのハイライトを観ても、ベガルタが試合に負けたような映像にはどうしても見えませんでした。

 

特に前半のベガルタはすばらしかったですね。

中盤に永井が入ったことで、思いもよらないところに絶妙なパスが出、それに平瀬や中島、梁、関口が反応して、前線まで何度もボールを運びました。

 

中でもそういった場面からだったと思うのですが、中島の強烈なシュート、左サイド気味からの平瀬のボレーなどはすばらしかったですね。

平瀬のシュートは残念ながら楢崎の正面でしたが、中島のシュートは楢崎のスーパーセーブによって阻まれてしまいました。

 

 

そんなこんなしている間になんと!ペナルティエリア内でエリゼウがケネディに対するファウルを取られ、失点してしまいます。

これ、あとで映像で観てもよくわからなかったんですよね。

ただ、楢崎は試合後に「ラッキーなPK」と言っているので推してはかるべし、ですね。

 

前半終了間際に関口の惜しいシュートもありましたね。

 

 

10のまま後半に入ります。

後半追いつきたいベガルタはフェルナンジーニョを投入します。

このフェルからのボールでチームの攻撃はさらに活性化します。

フェルからのアーリークロスを平瀬が綺麗なヘッドでゴールを決めたときにはスタンド中が湧き上がりました。

ただ、このゴールは残念ながらオフサイドで取り消されてしまいます。

 

 

その後、またもやフェルナンジーニョの個人技が光り、今度はゴールを決めます。

 

ところがこの日は相当暑かったこともあり、ベガルタ側の足がどんどん重くなり、随所に足が止まる場面が見られるようになってしまいました。

これが命取りになったのが二点目の失点場面でした。

 

ケネディの高さをずっと警戒していたはずなのに、一瞬の隙をつかれましたねえ。

トゥーリオから入ってきたクロスに反応したケネディが高いヘッドからゴールを揺らしました。

これが世界の高さなんでしょうね。

結局これが決勝点となりました。

 

 

ベガルタが終始ゲームをリードする内容だっただけに、負けてしまったのは残念ですし悔しいですね。

でもこの試合で見えたものも確かにあるはずです。

それを今度の浦和戦できっちり出して、今度こそは試合に勝ちたいですね。

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。