ベガルタ仙台: 2013年3月アーカイブ


ずいぶんと遅れた更新になりましたが、リーグ戦初勝利おめでとうございます☆

ありがとうございます☆

 

 

いやあ、土曜日の試合は相手が柏だったこともあって、心配しちゃいましたよ。

だって、柏はACLで逆転勝ちをしたばかりだったというじゃありませんか。

 

 

ほんとうに勝ってよかった!!!

 

 

 

試合内容については、こっちを見てください。↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

手抜きですみません。汗

 

 

 

それにしても、今年の花粉はすごいですねーー

 

わたしは長年の花粉症を自力で!克服して数年になりますが、今年はほんとうに酷い。涙

毎日朝から晩までティッシュが放せない上、寝る前と起き抜けは喉がガラガラです。

早く花粉症の季節よ、おわれーーー

 

 

それまでは、ヨーグルトを食べるなどして、地道に免疫力アップをはかります。

 

もっとも花粉症の場合は免疫力とか、あまり関係なさそうですけどね。汗

花粉症のみなさん、もう少しの我慢ですよーー

 

 

 


にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 


今日で東日本大震災から丸二年が経ちました。


被災地ではいまだなかなか復興がすすまず、不便を感じながら暮らしている方々がたくさんいらっしゃいます。

そういう方々の暮らしが少しでも早く、震災前のものになりますように。

 

そして、震災で被害を受けた方、亡くなった方々に心からご冥福をお祈り致します。

 

 

 

週末、ベガルタがアウェイで鹿島戦がありました。

試合前からまたまた怪我人のニュースが入るなど、今年は開幕直後だというのに、メンバーを組むのが大変です。汗

 

 

でもその一方、菅井や次郎が復帰するという嬉しいニュースもあり、311日を直前にした土曜日、ともに被災地である鹿島と仙台が試合をすることとなりました。

 

 

 

さて、鹿島戦のメンバーはと言うと、前予想通り、右SBに菅井が帰って来ました!!!!(嬉)

これを受けて、左のSBには田村が入ります。

そして、問題のボランチ!

ここにはなんと!!!

次郎が入り、松下と中盤でコンビを組みました。

 

次郎がボランチをするのは仙台では初めての試みですが、どうやら柏ではすでにやっていたようで、試合に入っても次郎のボランチはなかなか。

CBの時も時折見せていた、前線への鋭い縦パスはむしろ、ボランチでさらに活きていたような気すらしますよ。

 

 

 

前半ベガルタは早々から鹿島の攻撃に対して、守備にまわることを強いられました。

なにしろ、鹿島の前線にはダヴィ、ジュニーニョ、そして大迫などがいるのです。

 

鹿島を相手にベガルタも良く守り、梁の直接FKからの惜しい場面などもありましたが、前半終盤になってついに失点してしまいます。

 

これはほんとうにもったいなかったというか不運と言うか・・・

ジュニーニョの直接放ったシュートはゴールバーをたたいたのですが、そのこぼれたボールを逆サイドにいた鹿島の選手が広い、クロスを入れました。このボールが運悪くベガルタの選手にあたってゴール前に落ちたんですよね・・・

 

このボールをダヴィが決めて鹿島が得点となりました。

 

 

それまではぎりぎりながらも守っていたので、勿体ない失点場面でしたね。

 

 

 

後半は開始早々、鹿島に追いつきます。

 

左サイドに流れていた梁のクロスを赤嶺が受けたのですが、流れてしまったボールを太田ヨシが受け、自らスペースに動いてのシュートでした。

これはうまかったですよねーーー

 

 

 

ところが!!!

 

ここからまたすぐに鹿島が得点を決めてしまいます。

後方から上がって来たボールをゴール前中央にいた大迫が受け、ここでくるっと反転してからシュートを打ったのです。

彼の左側にぴったりついていたDFもまったく止められない、素晴らしいシュートでした。

 

これは敵ながら、見惚れるしかなかったですねえ。

 

 

 

しかも、なんとこの後も立て続けに失点してしまいました。

 

次はまたまたダヴィにやられちゃいましたね。

これは鹿島のパスがつながった後にダヴィがゴールニアで決めた得点でした。

 

 

うーん、鹿島強い・・・と思いながら試合観戦することになりましたが、ベガルタもここで終わるわけにはいきません。

 

 

最後はウィルソンがしっかり一矢を報いてくれました。

 

 

この得点の直前にヘベルチが今季初めて登場したのですが、ヘベルチのうまさにはおそらく誰もが舌を巻いたのじゃないかと思います。

まず、ボールを持つと取られない!!!

そしてウィルソンのゴールに繋がった、正確で的確なパス!!!

 

 

確かに試合には負けてしまったのですが、ヘベルチの存在には今後大きな期待が出来ますよね。

 

 

そして、この試合で復帰した菅井!!!

やはり菅井は偉大でしたよ。

菅井が入ることで右サイドからの配球が増えるというだけでなく、おなじみの「なぜそこにいる菅井!?」攻撃で得点チャンスが激増するんですよね。

 

 

そんなわけで試合には負けてしまいましたが、悪いことばかりではなかったように思います。

蜂須賀も長い時間プレーできることが分かったし、チームの今後に是非期待しちゃいましょう。

 

 

 

次は中国!!!

 

 

 


 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

こんにちは。

 

 

いよいよ、Jリーグが開幕しましたね。

 

ベガルタの初戦はホームで甲府を迎えるところから始まりました。

甲府と言えば、去年はJ2で圧倒的な強さを誇ったチームです。

チームの大黒柱ダヴィを失ったとはいえ、侮れない対戦相手だろうとは勿論思っていましたが、まさかあそこまでベガルタを苦しめるとは思いませんでしたね。汗

 

残念ながら、初戦の結果は11の引き分けでした。涙

 

 

前半はACLに引き続き、なかなか持ち味を出せないベガルタでしたが、時間が経つにつれ、少しずつエンジンがかかってきます。

中でも瞠目なのはやはり、赤嶺とウィルソンの2トップですねー。

あの二人の呼吸はぴったり!

 

二人で何度か惜しい場面も作りましたが、得点にまでは至らず残念でした。

 

 

 

ベガルタは後半早々、チャンスを作りました。

CKからゴール前にいた広大が難しいヘディングで先制点を取ったのです!!!

 

このゴールは名波氏をして、「ワールドクラス!」と言わしめたほどの、すごいゴールでしたよ。

いやあ、開幕戦でいいもの見ちゃいました。

 

 

ところが!!!

 

 

そのあと、なんと、なんでもない場面で失点してしまうんですよね。汗

 

試合後、広大が語ったところによると、あれは完全な連携ミスだったそうです。

裏に出されたボールが、石川も広大もいけるような絶妙なところに落ちたみたいですね。

それで結局、失点につながってしまったということでした。

 

 

その後、終盤になってベガルタは交替のカードを切り、左SBに蜂須賀が、ハーフ二佐々木勇人が入ってからは、良くなりましたね。

 

ただし、その時はもう時すでに遅しでした。

 

 

結局試合は引きわけのまま終了。

これでホームでは二戦連続の引き分けとなりました。

 

 

ただ、この試合では結構課題が見えたし、今後はそこを強化していくしかないと思います。

角田の怪我も残念ながら、全治四週間ということですが、こういう時にこそチームが一丸となって頑張るしかないですね。

 

だって去年の開幕は梁がいなかったんですよ!!!

それでもベガルタは快進撃を続け、最終的には準優勝にまでのぼりつめました。

 

 

今年それが出来ないわけがない!!!

 

 

ってことで、監督、選手のみなさん、よろしくお願いします。

わたし達も応援頑張ります!

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

2018年11月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2013年3月以降に書かれたブログ記事のうちベガルタ仙台カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはベガルタ仙台: 2013年2月です。

次のアーカイブはベガルタ仙台: 2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。