昨日はホームにてACL予選リーグ最終節が行われました。

ここまでの結果はブリーラムとタイ二位。

つまり、決勝トーナメントに進出するためには、是が非でも江蘇舜天に勝たねばなりません。

 

 

前半はお互いに慎重にゲームに入りました。

ベガルタはまずは失点しないよう、気を付けていたのではないかと思います。

たぶん、相手もそうだったのでしょうね。

 

しかし、時間が進んでいくにつれ、じょじょにベガルタは攻撃的にシフトしていきます。

 

それが前半の内に得点として結実しました。

 

左サイドから蜂須賀のあげたクロスに反応したのは、なんとゴール前になぜか!いた菅井!!!

ベガサポにはもはやおなじみの「なんでお前がそこにいるんだ攻撃」で菅井が見事なヘディングを見せます。

 

菅井のヘッドで打ち付けられたボールは先制点をスコアし、その場にいたすべてのベガサポが勝利を確信しました。

 

 

が!!

 

 

そんなに簡単にいかないのが国際試合なんですよねえー。涙

 

なんと前半の内に失点してしまいました。

確か守備のミスからボールを奪われ、それが最終的に見事というしかないミドルシュートによって追いつかれてしまいました。

 

ある程度ミスが出てしまうのは仕方ない面もあるのですが、それが失点にミスに結びつくのだけは避けたいですねー。

これが今後も課題としたいところです。

 

 

 

さて、後半。

 

後半は立ち上がり早々、ベガルタが攻撃の良い形を何度か見せましたね。

特にトップの選手と二列目、三列目の選手たちがこぞって攻撃になだれ込むと、さすがに圧巻ですね。

そこに柳沢の絶妙なスルーパスなどが見られると、得点にまで結びつかずとも、スタンドから大きなため息が漏れました。

 

 

しかし、攻撃の良い形を作りながらも得点にまで至らない間に、なんと相手に追加点を奪われてしまいます。

これが結局決勝点となってしまい、ベガルタは惜しくも予選でACLを去ることになってしまいました。

 

 

それにしても、この試合は審判のレフリーイングが悪い方向に大きく影響してしまいました。

ベガルタの選手たちに不可解なイエローが出るばかりか、しまいにはウィルソンにレッドが出てしまったり、

後半終盤、確実にPKだろうと思われた相手のファウルが、結果的にボックス外からのFKになったりと、解せないことが多かったですね。

 

 

試合後、珍しく監督が怒りの表情を見せたことからも、このレフリーイングがいかに不当だったかということがわかると思います。

これが国際試合と言われればそれまでですが、こんなことで負けるのはやはり悔しいですね。

 

 

とは言え、このACLを戦ってみてわかったのは、ベガルタはアジアで十分通用するのではないかということです。

実際に戦ってみるまでは、ベガルタがどれくらいのレベルなのかわかりませんでしたが、この調子なら、いつかは予選を通過し、もっと上を目指すことも出来るような気がします。

 

 

そのためにはまず、今後のリーグ戦で上位をめざし、来年もACLに出場できるようにしなければいけませんね。

 

 

ああ、それにしてもやっぱり悔しい。

試合後、泣いているらしかった選手たちの悔しさを見て、それでもベガルタはもっと強くなると、確信した夜でした。

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします☆↓

http://ameblo.jp/uraura-sato/


 

 
にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 悔しい夜

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/242

コメント(1)

はじめまして。
法律等に関するブログを期待していたのですが、そういった記事は書かないのでしょうか・・・?

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2013年5月 2日 15:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「勝利の方程式」です。

次のブログ記事は「黄金鷲が舞い降りた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。