最後の最後に

 

週末の広島戦ですが・・・

 

 

最後の最後、ほんとうの最後に失点してしまい、

なんと、負けてしまいました!!!

 

 

この結果はほんとうにショックでしたね。

 

特に前半から通して、ベガルタはしっかりした守備からのカウンターを徹底し、

広島の攻撃をよく防いでいました。

 

さすが攻撃的な広島だけあって、李などにチャンスを作られながらも、

運にも助けられながら、最後のところでなんとかゴールを防いでいましたが、

後半ロスタイムに突入したかというところで失点してしまいました。

 

 

ベガルタ側にもFWの赤嶺や中原を中心にチャンスは多々ありましたね。

ベガルタが用意したゲームプラン通りに試合も運んでました。

 

ほんとうに最後の最後にやられてしまったという感じで、

とても残念でした。

 

 

大宮が引き分けたことで、残留争いが神戸、FC東京、ベガルタの3チームに絞られたことは事実ですが、

仙台はほかのチームの結果にかかわらず、自力で残留を決めるチャンスが残っています。

 

サポーターとしては嬉しいような嬉しくないようなという感じですが、

最終節までドキドキはらはらさせるなんて、ベガルタらしいというべきかもしれないですねえ。

 

 

とにかく、最終節の相手は川崎なので厳しい戦いになるだろうと思いますが、

この試合には是非勝って!(あるいは引き分けで)自力で残留を決めたいですね。

 

 

 

噂のアレですよ↓

 

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 最後の最後に

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/147

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2010年11月29日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もうちょっと!」です。

次のブログ記事は「川崎サポさん、ありがとう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。