二勝目を決めました

こんにちは。

今日はこれから、J1リーグ清水戦が行われます。

試合直前ではありますが、前節神戸戦についてちょっとだけ、書こうと思います。

 

神戸戦はなんと、21で勝利しました。

今季、ようやく二勝目をあげることが出来、正直なところ、ほっとしました。

 

今年はリーグ開始直後から怪我人が続出したばかりか、コロナ禍でリーグが中断するなど、なかなかチームが良い波に乗ることが出来ずにいました。

特に今年は監督が替わったこともあり、試合を観ている側としては、チームを作る上での監督の意図が見えないこともある中、

チームの結果が出ない、歯痒い状態が続いていました。

 

 

しかし、そんな中、ベガルタがようやく二勝目を挙げることが出来たのは素晴らしいですね。

一点目はゴール前でのクロスが神戸の選手にぶつかり、幸運にもオウンゴールとなりましたが、それ以外にも得点には至らなかったものの、良いプレーが数々ありましたよ。

 

神戸には前半から数多くのシュートを撃たれましたが、GKのクバを中心に、良く守ったと思います。

イニエスタがボールを持ったところで、椎橋がボールを奪いに行くのを見たときは、わくわくしました。

あの、元スペイン代表から、ベガルタの選手がボールを奪いに行くなど、冷静に考えてみると、すごいことだなあと、改めて思いました。

 

 

その後、途中交代で入ってきた選手に、一点返されてしますが、

ベガルタの方も、途中交代で入った赤崎が、ピッチに入って一分後くらいに得点を決めました。

しかも、移籍後初ゴール!!!

 

この赤崎のゴールが決勝点となり、ベガルタ仙台が神戸に勝利しました。

 

神戸に対してあまり苦手意識はなかったのですが、どうやら、頭には3年間勝利することが出来なかったようですね。

まあ、近年の神戸は毎年ビッグネームの外国人選手(日本人もですが)を入れていたので、強いチームなことは間違いありませんが、

個人的には、それ以前の神戸の方が、チームとしてはまとまっていて、恐怖を感じていたような記憶があります。

 

 

さて、今日はこれから、家で清水戦をTV観戦します。

今日もベガルタが勝ち点を積み上げることが出来るよう、しっかり応援します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 二勝目を決めました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/350

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2020年8月15日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Jリーグは中断しましたが」です。

次のブログ記事は「公式戦4戦負けなし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。