打ち破られた鬼門

こんにちは。

すでに二週間前のことになってしまいましたが、前節札幌戦は鬼門の厚別で試合があったにも関わらず、見事3-1で勝利を収めました。

 

札幌戦はトップに長沢とハモンが入りました。

このコンビが良かったですね。

というか、2トップに一列後ろの選手やサイドの選手が絡んでくる場面が多かったのが勝因じゃないかと思います。

守備に関しても、札幌戦はほとんど完璧だったように思います。

 

さて、試合内容です。

前半30分頃、長沢がゴール前でハモンにパスを出し、ハモンがそれをシュート。

このシュートは生憎、札幌のGKにはじかれましたが、そこに走りこんでいた松下がボールを押し込み、ゴールを決めました。

 

しかしこの後、札幌の選手にミドルシュートを打たれ、すぐに追いつかれてしまいました。

このミドルについては仕方ないというしかないですね。

それくらい綺麗なゴールでした。

 

 

ところが、ここからがベガルタのすごいところでした。

後半に入ってすぐ、ベガルタがCKから勝ち越し点を決めます。

永戸の蹴るボールがピンポイントでシマオの頭上に入り、それをシマオがヘッドでゴールに叩き込みました。

 

シマオには札幌の選手がマークでついていたのですが、全然関係なかったですね。

シマオの強さが改めて実感される場面でした。

 

この後は札幌に攻撃される場面が続き、鈴木武蔵のシュートなどもあったのですが、GKのクバを中心にしっかりゴールを守りました。

 

そしてダメ押しの追加点を決めたのが、ハモン・ロペスでした。

後半終盤に再び永戸のCKから、直接ハモンがボレーで決めました。

 

いやあ、本当に素晴らしいシュートでしたね。

ハモンも永戸もキレキレでしたし、ほかの選手たちもコンパクトな守備と素早い攻撃を見せてくれました。

 

このような試合をしてくれれば、最後まで順位を押し上げることが出来るのではないかと思います。

 

この後、今週中盤に天皇杯で長崎に負けたのは秘密です...

 

 

さあ、土曜日のマリノス戦も頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします♪

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 打ち破られた鬼門

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/343

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2019年9月26日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「痛み分けの引き分け」です。

次のブログ記事は「お祝いの時にめでたい結果、のはずが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。