チームの心臓

こんにちは。


先週末はホームにてセレッソ大阪戦がありました。




土曜日の仙台は朝からちらちら雪が降っていましたが、それほど強い降りではなかったので、



試合の頃には止むかなあと期待していたのですが、そうはいきませんでした



なんと、気温3.5度の中で試合をすることになったのでした。





いやあ、寒かったですねーーー。



真冬の観戦スタイルで出掛けたのですが、それでも寒くて、試合途中にホッカイロを



使ってしまいました。



それと、雪が強くなったので、途中から着用したポンチョが良い風除けになって、暖か




かったです。笑







さて、試合は、というと、なんとまた負けてしまいました。汗



スターティングメンバーは前節から5人入れ替わり、今季初めて石原直樹選手が




メンバーから外れました。



おそらく調子が良かったであろう、若手起用が目立ちましたね。



左サイドには石原崇兆選手と吉尾選手が入り、右には道淵選手が入りました。







前半はまあまあ良かったと思います。



左サイドからの攻撃が機能していて、石原選手と吉尾選手が縦に何度もボールを運びました。



その甲斐あって、前半開始早々に吉尾選手のFKからチャンスを作ったりしました。





前線のハモン選手や長沢選手も結構ボールに触る回数が多く、それぞれ何本かずつ、シュートまで



持ち込むことが出来ました。



今思えば、あそこで得点を決めることが出来れば、試合の行方もだいぶ変わっていたかもしれませ



んね。






さて、前半終盤になると、相手側の右サイドにぽっかり穴が開いてしまいました。



そこでボールを持たれた瞬間、危ない!と思ったのですが、果たして、そこを起点にされて、



失点してしまいました。




そこまでは相手FWをぎりぎりで捕まえていたのですが、ここで決められてしまったのは



ほんとうに残念でした。







後半は選手を交替するなど、いろいろ手を打ちはしたのですが、結局一点も取れないまま、



2-0で負けてしまいました。







セレッソ戦を見て、改めて思ったのは、やはり奥埜は良い選手だ、といことです。



奥埜選手はセレッソチームの真ん中で、去年までベガルタでやっていた仕事を、



まったく労を惜しむことなく、やっていました。



その姿を見るにつけ、今のベガルタに足りないのは、まさにこれなんだよな、



と思わされてしまいました。






今更言っても詮無いことですが、願わくば、奥埜選手が果たしていた役割を、



ほかの選手が担ってれるようにと思わずにはいられません。



そうじゃないと、このチームは動かないよ!



と思った週末でした。






さて、今週末は鳥栖戦です。



またまたホームで試合があるので、今度は負けられませんよ。

















トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: チームの心臓

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/339

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2019年4月 1日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完敗でした」です。

次のブログ記事は「ベテランの奮起に期待」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。