2019年3月アーカイブ


こんにちは。

週末はアウェイにて横浜Fマリノス戦がありました。

 

前節浦和戦では、開幕試合でありながら、ベガルタは守備の完成度の高さを見せてくれました。

試合結果こそ00でしたが、守備に関しては、浦和を相手に確かな手ごたえを感じることが出来ました。

去年からチームの主力メンバーが大部分入れ替わったことを考えると、今シーズンは期待できるのじゃないかと思っていただけに、マリノス戦は残念でした。

はっきり言って、完敗でした。

 

今節はハモン・ロペスが足に違和感があるということで、前節からスターティングメンバーに変更がありました。

前節ボランチに入っていた兵藤がトップの一翼を担い、真ん中のアンカーに新加入のシマオが入りました。

 

それにしても、マリノスは強かったですね。

何が良かったって、とにかく速い!

そして運動量の多さと連動した動き。

どれを取っても、ベガルタが見劣りするくらいの差がありました。

 

逆に言うと、浦和戦ではベガルタがやれていたことを、すっかりやられた感がありましたね。

また、トップの長沢に思ったほどボールが収まらなかったのも、ベガルタの攻撃が活性化しなかった大きな理由の一つかもしれません。

 

あとは中盤が完全に支配されていましたね。

そもそもボールが取れない上、ボールを持ってからも、判断がちょっと遅れるだけで、マリノスにボールを取り返されてしまう。

去年、中盤で奥埜と野津田がどれだけ走って、チームに貢献していたかが明らかになりました。

 

試合の流れとしては、前半すぐにPKで失点したのが大きく響きましたね。

ボックス内でファウルをしてしまったのは仕方がないのですが、そのあとのプレーに心理的な影響が出てしまったことが、結果的に2失点目につながったような気がします。

 

後半は梁とジャーメインが入ってからは、少し良くなりました

二人を中心に攻撃が回るようになり、石原がPKを獲得し、1点を返しました。

しかし、その後追加点を取ることは出来ず、21で負けてしまいました。

 

 

監督談では、

「球際でボールを取られることが多く、後手にまわったことでやられた」

と言うことでした。

 

まあ、おそらく、次の神戸戦までには修正してくれると思います。

シーズンは飽くまでも始まったばかりですし、あまり焦る必要はないと思うのですが、

とにかく一勝!を見たいですね!

 

次はカップ戦を挟んで、ホームの神戸戦、頑張りましょうーー

ビジャを間近で見られるのも、なにげに楽しみ。笑

 



写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

 


月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2019年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。