今年も共闘

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

年が明けて、今年度のベガルタ新体制の形がようやく見えてきました。

昨年シーズンはそれにしても、引退する選手が多かったですね。

年末には元日本代表の楢崎選手や中澤選手の引退も発表されました。

我がベガルタでは、高卒ルーキーで加入した菅井直樹選手がついに現役を引退することになりました。

 

菅井選手は皆さんもご存じかと思いますが、サイドバックの選手でありながら、得点感覚にも優れているという稀有な特徴を持っていました。

右サイドを駆け上がっているかと思うと、いつの間にかゴール前に顔を出し、得点に絡む。

そういった情景をスタジアムで何度目にしたことでしょう。

その姿は、「なぜおまえがそこにいるんだ?」攻撃と称され、サポーターの間で嬉々として語られてきました。

 

また、プロサッカー選手としての経歴をベガルタ仙台のみで送っているという意味においても、

彼はやはりベガルタサポーターにとって特別な存在です。

寡黙にして多くを語らない性格や、とは言っても、ファン感謝祭ではEXILEの歌を嬉々として?歌っちゃう姿を見せるなど、本当に愛すべき選手でした。

 

幸いにも、菅井選手は今後、ベガルタにチームスタッフとして残ってくれるようです。

 

今年のトップチームでは、元ベガルタの選手であった木谷氏や村上コーチがコーチとして就任することになっており、さらにベガルタ色が濃くなっていくことでしょう。

 

昨年、カップ戦等でその一端が見えた、渡邊監督の目指すサッカーを、今年は選手・スタッフが一丸となり、さらに安定した形で実現して欲しいなと思います。

 

今年もベガルタ仙台を応援していきます。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今年も共闘

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/337

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2019年1月17日 19:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まだまだ続くよ、シーズンは」です。

次のブログ記事は「完敗でした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。