まだまだ続くよ、シーズンは


こんにちは。

すっかりご無沙汰してしまいました。汗

 

気が付けば、

 

 

「あっ!」

 

 

と言う間に今シーズンも最終盤。

先週末はホームに鹿島アントラーズを迎えてのホーム最終戦でしたが、完敗してしまいました。

さすが、アジア王者は強かったですね。

 

 

とはいえ、前半はベガルタのほうが優勢な流れだったと思います。

久しぶりに野津田が出たことも良かったんでしょうかね。

いくつかチャンスを作りましたが、得点には至らず。

そうこうしているうちに、なんと失点してしまいました。

 

失点場面は、観覧席で見ている分には大したことないように見えたんですよね。

鹿島のセットプレーからこぼれたボールを、日本代表、昌子が落ち着いてゴールに蹴りこみました。

 

しかし、後ほど見たスポーツ番組で、元ベガルタの岩本氏が、

あれはキーパーから逃げていくボールだから、取るのは難しかっただろう

というようなことを言ってました。

 

ちなみに、前半のうちに蜂須賀選手が負傷退場してしまいました。

軽く済めばいいなあと思っていたのですが、報道されたところによると、

右膝の半月板損傷ということで全治15週間だそうです。

今シーズンは出場できませんが、オフも含めて、ゆっくり怪我を治してほしいと思います。

 

 

さて、後半。

蜂須賀が負傷退場したこともあってか、全体的に運動量が足りなくなったような印象を受けました。

特に中盤がずるずる下がっていくような気がしましたよ。

個人的には監督の凝りに凝った采配が裏目に出たのでは、という気もします。

 

とはいえ、後半に2失点してしまい、一方のベガルタが1得点も出来なかったというのは事実です。

負けるときはいつもそうですが、流れが良い時に得点しきれないと、やはり負けてしまいますね。

そして、ミスをすれば、強いチームほど、それを得点に結びつけてくるということです。

当たり前のことですが、セットプレーでの守備や、中盤の守備での寄せなど、基本のことこそが大事なのだなと、鹿島を見ていて、改めて思いました。

 

 

この日はホーム最終戦と言うことで、試合後にはセレモニーがありました。

ホーム最終戦に負けたことで、今年の目標だった「5位以内」はなくなってしまいましたが、

今年はまだ天皇杯が残っています。

しかも、次は山形との久しぶりのみちのくダービーです。

 

わたしももちろんチケットは購入済なので、当日はしっかりスタジアムで応援したいと思います。

 

ベガルタのシーズンはまだまだ終わらないですよ。

是非ともダービーに勝って、決勝に行きたいですね。

 

あ、まずは今週末の神戸戦ですね。

神戸に勝って、一つでも準備をあげましょう!

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com



写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: まだまだ続くよ、シーズンは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/335

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2018年11月28日 11:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベガルタ迷走中・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。