まさかの逆転負け


こんにちは。

 

前回の更新からあっ!という間に、ずいぶん経ってしまいました。

今年からJリーグの試合はネット配信されているため、コンピューターの調子が悪いと、試合すら観られないんですよね・・・

 

そんなわけで、ここしばらくはホーム戦しか観られませんでした。

 

そして、前節大宮戦はというと、なんとスマートフォンの小さな小さな画面で観てましたよ。ううう。

 

 

さて、泣き言はさておき、大宮戦ですが。

 

負けました。

 

しかも、逆転負けでした。

 

 

うーむ。

 

わたしは後半から試合を観たのですが、観始めた当初はベガルタが試合を支配しているように見えたんですよね。

実際、その時点では10でリードしていたし(クリスランのPK)、追加点を取るのも時間の問題かなと思っていました。

 

 

ところがですよ。

一回のセットプレーによって、いとも簡単に失点をゆるしてしまいました。

ゴールの真ん前でフリーになっている選手がいたら、そりゃ失点するでしょ・・・

 

 

とはいえ、まだまだ11。勝負はここからと思っていました。

 

ベガルタはその後、セットプレーから大きなチャンスをつかみます。

三田のCKがどんぴしゃでゴール前に上がり、相手DFたちもゴールニアの選手につられているため、

真ん中はフリー。

蜂須賀が満を持してヘディングしましたが、ボールはなぜかゴールの脇に吸い込まれていきました。

決定的な場面だっただけに、本当に残念でした。

 

 

そしてその後、ベガルタ側の些細なミスから中盤でボールを失い、

そこで一機にカウンターを食らってしまいます。

 

中央から大きく蹴り上げたボールははるか最前線まで届きました。

ボールを受けたのは大前。

大前は見事というしかない切り返しで、ゴールに迫ります。

そしてシュート。

 

 

このシュートはGKも止めることが出来ず、逆転を許してしまいました。

 

 

その後もベガルタは追いつくことが出来ず、結局21で負けました。

 

この敗北をうけ、ベガルタの順位は14位まで下がりました。

 

ま、なんというか、下位相手に勝ち点を落とすなら、どこで勝ち点を取るのか、って話ですよね。

ここしばらく、ル・ヴァン杯も含め、順調かと思っていたのですが、無念です。

 

 

この埋め合わせは是非ともホームでしてほしいですね。

そろそろホームで勝利が見たいなあーーーーーーー

 

 

写真つきのブログもよろしくお願いします

http://ameblo.jp/uraura-sato/

 

 

 

にほんブログ村 http://www.blogmura.com

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: まさかの逆転負け

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.morinomiyako-lawoffice.or.jp/mt/mt-tb.cgi/319

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、杜都法律事務所が2017年5月17日 14:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「特別な日の特別な試合」です。

次のブログ記事は「サッカーの旅人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。